2015.06.21 Sunday


近年、抜け毛に悩む日本人は、
男女問わず広い世代において見られます。
ファストフードなどの栄養価に偏りがある食事の普及や、
精神的な負荷が高まる傾向にある社会事情、
その他、娯楽の増加に伴う睡眠不足などが理由に挙げられます。

しかし、一口に薄毛やはげと言っても、
その種類はさまざまです。
自身の症状に合った対策や改善に臨むことで、
より理想的な結果を得やすくなるでしょう。


M字はげは、数ある中でも代表的なものの一つで、
白人に表れやすい傾向となっています。

iti1

日本では、頭頂部からはげが広がるO型はげ、

いち2

前頭葉における生え際が徐々に後退する形で脱毛する、
U型はげに次ぐ存在となっています。

いち3

特徴としては、
これらの中でも特に、
男性ホルモンがバランス異常を起こすことで表れやすいタイプとなっており、
近年問題視される、
AGAと呼ばれる男性型脱毛症の典型例として挙げられるケースが少なくありません。
ホルモンの生成は、
遺伝による影響を大きく受けるため、
親族、特に母方の家系などに発症者がいる場合、
自身もなる可能性が高くなります。
しかし、日頃からケアを心掛けておくことにより、
抑制に期待を持つことは可能となります。


大切な物は失ってからでは取り戻すのは大変です。
未来の自分の為にケアをしてあげてください。

いち4