2015.05.03 Sunday

~怖い怖い紫外線~


みなさん、こんにちわ^^☆

GRANADAなんば フロントの前久保です(*^^*)

もう5月になりましたね☆★

天気も良く、ポカポカ気持ちいいですね♪♪♪

 

今日は、これからの季節たくさん耳にする 『紫外線』について

お話します(*^∀^*)

紫外線とは・・・

地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、

エネルギーの高い光の事を言います★☆★

紫外線

そして、UV-A波・UV-B波・UV-C波の3種類あり、

そのうち、UV-A波、UV-B波が地球に届いています。

UV-C波は、オゾン層で守られている地表には到達しません。

UV-Bは、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害な紫外線です。

日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因にもなります(::)

表皮のDNAや細胞膜を破壊し、表皮に炎症や火傷といった

皮膚のトラブルや、 メラニン色素を増加させて日焼けによる

シミ・ソバカスを引き起こします!!

UV-Bを防ぐためには、 SPFの高い日焼け止めを活用する必要が

あります!!!

UV-Aは、B波ほど有害ではないといわれていますが、

じわじわと肌奥に浸透してコラーゲンを破壊し、

しわ、たるみの原因になります(/д:)

長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つけてしまうため、

UV-Bと同じように健康被害の原因となります。(–;)

UV-Aは窓ガラスも通過するので、直接光を浴びていなくても

日焼け止めを塗る必要があります。

日焼け

では、日焼け止めに含まれるSPFとは何でしょうか?

SPFは、紫外線防御指数とも言い、

UV-B波の防止効果を表す指標で、

紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を

何倍に長く出来るかを表したものです★^^★

SPF30の日焼け止めを利用した場合、

赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことが出来る

ということになります!

SPFの上限は50なので、

毎日SPF50を使用していれば大丈夫!!

と思いがちですが、 SPFの数値が高ければ高いほど

お肌の負担が強くなります(;;)

オヒィスワークなどであれば、SPF25、

レジャーであれば、SPF50などと使い分けすれば

お肌への負担も 少なくなります(*^∀^*)!!!

まもる1

この時期になると、だんだん肌を出すことも多くなり、

日陰などに隠れていても どうしても紫外線からは逃げられません。。。 もちろん、髪の毛にも紫外線は大敵です!!!!!

髪の毛用の日焼け止めで頭皮・髪の毛を守り、

お肌もこまめに日焼け止めを塗り、紫外線から守りましょう(≧ω≦)☆

まもる