2015.04.01 Wednesday

要注意!こんな生活習慣がAGAを引き起こす


 

運動不足に陥ってしまうことで、他の薄毛の原因を進行させてしまう、あるいは予防することが難しくなるといった問題点はあります。

たとえば、血行不良です。血行不良に陥ることで毛根に栄養が行き渡らなくなり、発毛が阻害されることはよく知られています。

運動は血行を促進させる最高の対策方法です。

yuuko10

逆に体を動かさないと血行不良をますます悪化させてしまいます。 髪の毛は「生命維持に直結する部位」ではないので、栄養素を取り込む優先順位が非常に低くなっています。 ですので、運動不足になると頭皮の毛細血管に栄養のある血液が循環しにくくなり、結果薄毛や抜け毛・はげに繋がっていくのです。

塩分が多いといわれる加工食品は育毛の敵です。 日本人が大好きなラーメン類、スープまで飲み干すと塩分の取りすぎといわれています。 いくら美味しくて飲み干したくても、育毛のことを考えそこは我慢して残しましょう。 肉系の食事というのは、脂っこくて、頭皮の皮脂の分泌を活発化して、過剰に皮脂を生み出す原因にあります。

yuuko9

これは薄毛の原因になります。 つまり毛穴を詰まらせてしまったりするのです。

髪の毛は昼の間、様々な要素によってダメージを受けます。風にのって受けるチリ・ホコリ、太陽の紫外線、温度や湿度の差などは全て髪の毛の負担となります。

それらダメージを髪の毛は睡眠中に回復しているため、睡眠は髪にとって非常に大切な時間です。 体は、毎日の充分な睡眠によって疲れから解放されます。睡眠は臓器の免疫力を高め、体力を回復させます。睡眠が不足すると疲れが取れないように、体の機能が低下するのですが、まずストップされるのが実は髪の毛や頭皮へのバックアップなのです。 つまり、毛髪は他の臓器等に比べて重要度が低いと体が判断し、優先順位の高い場所を先にケアするために、毛髪へ栄養を送らないシステムが稼働するようになるのです。ですから睡眠不足によって一番初めにダメージを受けるのは、髪の毛というわけ。

yuuko7

ストレスがいっぱいになると抹消血管が収縮し、血行不良になります。 ですから、ストレスのない豊かで楽しい生活を送りましょう。 ストレスを受けると、血管が収縮します。そして血流量が減り、栄養が運ばれにくくなります。つまり、髪の毛の周囲にある毛細血管が機能せず、活性化が行われないということが起こります。そして、栄養が髪の毛に届かなくなってしまうのです。

 

 

最後に読んで頂いてありがとうございます。

☆ロイヤルマンFace book☆
https://www.facebook.com/ROYALMANkitahankyu?ref=hl

もやってます。