2015.02.28 Saturday

市販と美容室シャンプーの違い


市販と美容室シャンプーの違い

 

市販のシャンプーと美容室のシャンプーってどう違うのか、分かりませんよね!

詳しく説明させて頂きます。

 

 

市販のシャンプーとサロンで販売されているシャンプーは、

洗浄成分(界面活性剤)が違います。

 

 

市販のシャンプーは主に「高級アルコール系」と呼ばれる分類のものが多く、それらのシャンプーの洗浄成分は、歯磨き粉や、洗濯洗剤、台所用洗剤に使用されている成分と同じものが入っています。

市販のシャンプーの大半は、コストを抑えるために安い洗浄成分を使用しているんです。

 

では、シャンプーを選ぶコツとは?

 

シャンプーの裏側に書いてある「成分表示」いうものがあります。

表示成分に書かれている成分は、そのシャンプーの含まれている量の多い順に並んでいるので、最初に表記してあるほど多く含まれている成分と言えます。

シャンプーには、基本的に水分が一番多く含まれるので、大体シャンプーは「水」が先頭に書いてあると思います。

その次に多い成分が、髪の毛の汚れを落とすのに必要な、「界面活性剤」です。

 

「界面活性剤」が強すぎるシャンプー(落とす力が強いの)を使うと、髪の毛が傷んでしまうんです

シャンプーの裏の成分を見て、ラウリル硫酸Naラウリル硫酸カリウム~硫酸など、「ラウリル」と「硫酸」がついているシャンプーは、界面活性剤の力が強すぎる可能性があります。

なので、できれば「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているものは選ばないほうが無難です。しかし、市販の安いシャンプーにはほとんど入っていると思います)

 

界面活性剤は、汚れを取るのに必要な成分なのですが、それだけだと髪の毛がギシギシになります。

 

そこで、手触りを良くするようにシリコン系の成分を入れて手触りを良くしているんです。

 

シリコンが入っていないと、手触りはかなり悪くなりますが、このシリコンも入りすぎると髪の毛には余りよくないようです。

 

シリコンの成分は、

ジメチコンシクロメチコン○○メチコンと書いてあるもので、市販のシャンプーには必ずシリコンは入っています。

シリコンは髪の周りに膜を作り、髪の毛に艶を出す力を持っています。

 

しかし、髪にシリコンが蓄積されると、膜が取れなくなり、髪が乾きにくくなったり、パーマがかからなかったり、というトラブルが出てくる恐れがあります。

 

なので、市販のシャンプーを選ぶ時は、 「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているか、シリコンは成分の順番の後ろのほうにあるかどうか(後ろのほうにあると量が少ない、ということになります)ということに気をつけて選んでみてはいかがでしょうか?

 

東でした